糖尿病について詳しく知っておきましょう

糖尿病とは、インスリンの欠乏(絶対的もしくは相対的)又はインスリン感受性の低下(インスリン抵抗性)による慢性高血糖を主な特徴とする疾患群のことです。
本疾患は、免疫異常によりインスリンの絶対的欠乏が原因で発症するⅠ型糖尿病と、インスリン分泌低下(相対的欠乏)と肥満、運動不足などによるインスリン抵抗性が加わり発症するⅡ型糖尿病に分類されます。
また、長期間高血糖が持続することで代謝障害を生じ、その結果、血管障害として腎症や網膜症、末梢神経症などを合併します。
糖尿病性腎症では、初期に微量アルブミン尿が出現し、その後、血清クレアチニンが上昇します。
そのため、微量アルブミン尿の測定は糖尿病性腎症の早期診断に役立ちます。
アルブミン尿が持続することで、高血圧・浮腫などが出現したり、さらに悪化すると腎不全を合併することもあるので注意が必要です。
糖尿病性網膜症は失明に至る可能性もあるため、日頃から目の見え方に変化がないか確認するようにしておくことも大事です。